ぼんじりとは:日本のおいしい隠れた宝物

5/5 - (16 votes)

重要ポイント: 「ぼんじりとは」とは、鶏のお尻の骨周りに付いている三角形の部位で、非常に希少な部位です。一羽からごくわずかしか取れず、三角部分の突起は筋肉が非常に発達しています。他の部位と比較すると、スーパーなどで見かける機会は少なく、鶏肉の専門店や焼き鳥店でしか味わえないことから、ぼんじりを好む人は多いです。

ぼんじりとは? ぼんじりは、鶏のお尻の骨周りに付いている三角形の肉で、焼き鳥や鶏肉の専門店で人気の部位です。プリっとした食感が特徴的で、コラーゲンが豊富に含まれていることから女性にも人気があります。また、牛や豚の尻尾にも似たような部位がありますが、呼び名は異なります。この記事では、ぼんじりの魅力について詳しく掘り下げ、おすすめの食べ方や保存方法についても解説します。

Read more: 砂肝とは?特徴やレシピ、保存方法まで徹底解説

ぼんじりとは?

ぼんじり と は? 鶏のお尻の骨周りにある三角形の肉を「ぼんじり」といいます。この部位は一羽からごくわずかしか取れず、希少価値の高い部位です。ぼんじりの三角部分には筋肉が発達しており、プリっとした食感とジューシーな味わいが特徴です。

Read more  牛すじ煮込み: 日本の伝統的な美味しさを堪能する

しかし、ぼんじりはスーパーなどで見かける機会が少なく、鶏肉の専門店や焼き鳥店を訪れる必要があります。豚や牛にも「ぼんじり」と呼ばれる部位がありますが、それぞれ特徴が異なります。

豚の尻尾周りの肉は、ぼんじりと同様にコラーゲンが豊富で、スープや煮込み料理に人気があります。牛肉の場合、希少価値の高い「イチボ」という部位があり、鶏のぼんじりと同じようにプリッとした食感が楽しめます。ただし、豚や牛の尻尾の肉には鶏のぼんじりのような三角形の肉は付いていません。

人気のある焼き鳥、ぼんじりはぷりっとジューシーな食感が特徴的ですとなります。

「プリっとジューシーで人気の焼き鳥、ぼんじり」は、豚のお尻の部分を串に刺して炭火でじっくりと焼いた日本の焼き鳥の一種です。ぷりっとした食感とジューシーな肉汁が特徴で、焼き鳥店や居酒屋などで人気のあるメニューのひとつです。

豚のぼんじりは、脂肪分が多く肉質が柔らかいため、炭火でじっくりと焼くことで外側はカリッと、内側はぷりっとジューシーな食感を楽しむことができます。また、豚のぼんじり自体にも旨味が豊富であるため、調味料を控えめにしてシンプルに焼き上げることが多いです。

焼き鳥店や居酒屋では、ぼんじりをはじめとしたさまざまな部位の焼き鳥が楽しめます。ぼんじりは一般的には値段も手頃で、ビールや日本酒などのお酒との相性も良いため、気軽に楽しめる焼き鳥メニューとして愛されています。

ぼんじりの味の特徴

ぼんじりの味の特徴は、他の部位とは異なる独特の食感とコクがあることです。ぼんじりは、三角形の肉の突起部分が筋肉で構成されているため、噛むとジューシーでプリッとした食感が楽しめます。また、脂肪が少ないため、あっさりとした味わいが特徴的です。

焼き鳥店では、塩味やタレ味、レモンなどのさわやかな味付けが人気です。特に、塩味でシンプルに焼いたぼんじりは、素材本来の味わいを楽しめることから、多くの人に愛されています。また、タレ味の場合は、タレがしっかりと絡んで、味の深みが増します。

ぼんじりは希少な部位であるため、味わう機会が少ないことから、その特別感も味の特徴のひとつと言えます。焼き鳥店や鶏肉の専門店で、プリッとジューシーなぼんじりをぜひ味わってみてください。

ぼんじりの下処理方法

ぼんじりは、鶏のお尻周辺に付いている希少な部位で、独特の味わいがあります。ぼんじりを美味しく食べるためには、下処理が欠かせません。

下処理の最初のステップは、ぼんじりの皮を丁寧に剥ぎ取ることです。皮を剥いた後は、ほぐれやすいように筋を取り除いていきます。筋肉が多く発達しているため、時間と手間がかかる作業ですが、きちんと処理することで食感が良くなります。

次に、ぼんじりを水洗いして血合いを取り除きます。その後、塩を振りかけてしばらく置いておくと、余分な水分が抜け、さらに肉の旨味が引き立ちます。

最後に、下味をつけて焼く前に、ぼんじりを十分に乾かすことが大切です。キッチンペーパーで余分な水分を取り除いたり、冷蔵庫で一晩寝かせて水分を飛ばすなどの方法があります。乾燥しているぼんじりは、焼いたときにプリッとした食感が出るため、下処理はとても重要な工程と言えます。

Read more  ホット クック まずいの原因と対策:美味しい料理への道

ぼんじりは、美味しく食べるために手間暇がかかりますが、その分美味しさも格別です。ぜひ、正しい下処理を行って、ぼんじりの美味しさを楽しんでみてください。

ぼんじりにはコラーゲンがたくさん

ぼんじり
ぼんじり

ぼんじりは、鶏肉の希少部位の一つであると同時に、健康にも非常に良いとされています。その理由の一つが、コラーゲンの豊富さです。

コラーゲンは、肌や骨、軟骨、靭帯、筋肉などを形成する重要なタンパク質であり、体の潤いや弾力を保つのに欠かせない成分です。ぼんじりには、他の部位に比べて筋肉が発達しているため、コラーゲンが多く含まれています。

特に、ぼんじりの三角形の突起部分には、コラーゲンが豊富に含まれています。この部分は、口の中でじゅわっと溶けるような食感で、噛むほどに肉汁があふれ出し、旨味がたっぷりと味わえます。

また、コラーゲンは加熱することで分解され、コクや旨味を引き出す働きがあります。そのため、ぼんじりを焼いたり、煮たりすることで、より濃厚で深い味わいを楽しむことができます。

さらに、コラーゲンは美容にも効果があります。肌や髪、爪などの健康維持に必要な成分であるため、ぼんじりを食べることで、美容面でも効果を期待できます。

ただし、コラーゲンは熱に弱く、長時間加熱すると分解されてしまいます。そのため、調理の際には適度な加熱時間や温度に注意することが重要です。

「ぼんじり串」のカロリーや栄養素について知りたい方必見!

焼き鳥の中でも、特に人気がある「焼き鳥 ぼんじり」。その美味しさに心惹かれる一方で、気になるのがカロリーや栄養素の情報です。

「ぼんじり串」は、鶏肉のお尻の部分を使用しているため、脂肪分がやや高めです。一本あたりのカロリーは約150~200kcal程度とされています。

しかし、同時にコラーゲンが豊富に含まれているため、美肌や健康効果が期待できます。また、ビタミンB群や鉄分なども含まれており、栄養バランスも良いとされています。

ただし、焼き鳥店によっては調理方法によってカロリーや栄養素に変動があるため、食べる際には店舗によって情報を確認することをおすすめします。

美味しく食べたいけれど、健康面も気になるという方には、程よい量を食べることや、野菜などの副菜と一緒に食べることを心掛けると良いでしょう。

エネルギー 454kcal
タンパク質 20.36g
脂質 40.68g
ビタミンA 78㎍

やきとり「ぼんじり」のおすすめ食べ方

やきとりの中でも希少な部位である「ぼんじり」は、ジューシーでプリプリとした食感が特徴的で美味しい部位です。ここでは、「ぼんじり」を美味しくいただくおすすめの食べ方をご紹介します。

タレに漬けて食べる

やきとりに欠かせないタレに、「ぼんじり」を漬けて食べるのが一般的な食べ方です。タレに漬け込むことで、ぼんじり自体の旨味を引き出し、より美味しく食べることができます。

レモンを搾って食べる

タレに漬けずに、レモンを搾って食べるのもおすすめの食べ方です。酸味がほんのりと加わり、より爽やかな味わいになります。

Read more  「仁丹 体 に 悪い」のリスクを知ろう:日常の健康に潜む危険

塩で食べる

タレやレモンを使わず、シンプルに塩で味付けして食べるのも、ぼんじりの美味しさを堪能する方法のひとつです。ぼんじり自体に旨味があるため、塩だけでも充分美味しく食べられます。

串から外して食べる

やきとりは基本的に串から外して食べるのが一般的ですが、「ぼんじり」は串から外した状態でも美味しく食べることができます。串を外して食べることで、食べやすくなる上に、食感もより楽しめます。

ご飯と一緒に食べる

ぼんじりとはじりは、ご飯との相性も抜群です。ぼんじりをご飯に乗せて食べるのもおすすめの食べ方です。タレや塩で味付けするのも良いですが、ご飯にぼんじりの旨味が移るので、シンプルな味付けでも美味しくいただけます。

以上が、「ぼんじり」の美味しい食べ方の一例です。ぼんじりは希少な部位であるため、焼き鳥店や鶏肉専門店でしか食べることができない場合があります。ぼんじりを食べる機会があれば、ぜひおすすめの食べ方を試してみてください。

ぼんじりを使ったのレシピ

ぼんじりは希少部位であるため、一般的なスーパーや食品店で手に入りにくいことがありますが、焼き鳥店や鶏肉専門店などで手に入る場合があります。ぼんじりは独特の食感と旨みがあるため、料理に使用すると美味しい味わいを楽しめます。以下に、ぼんじりを使ったレシピをいくつか紹介します。

ぼんじりの照り焼き

ぼんじりの照り焼き
ぼんじりの照り焼き

ぼんじりの照り焼きは、煮汁を煮詰めた照り焼きのタレに漬け込んでから、オーブンやグリルでじっくりと焼き上げます。タレには、醤油や砂糖、みりん、酒などが使われ、甘辛い味わいが特徴です。ぼんじりの表面には、タレがしっかりと絡みついて、照り焼きのような見た目に仕上がります。

ぼんじりの照り焼きは、鶏肉の他の部位と比べてあまり馴染みがないかもしれませんが、地方によっては親しまれている郷土料理の一つです。ぜひ一度食べてみて、その独特の食感や味わいを楽しんでみてください。

ぼんじりのから揚げ

ぼんじりのから揚げ
ぼんじりのから揚げ

ぼんじりのから揚げの作り方は、まず下処理を行います。ぼんじりを茹でて余分な脂肪分を取り除き、スジを取り除いたら、小麦粉や片栗粉、卵などで衣をつけてから揚げます。衣は、サクサクとした食感が特徴で、調味料には塩やこしょう、唐辛子などが使われます。

ぼんじりのから揚げは、肉厚でジューシーな味わいが楽しめ、ご飯のおかずやお酒のつまみにもぴったりです。地方によっては、ぼんじりのから揚げを店舗で提供するお店もあるため、一度食べてみるのもおすすめです。

ぼんじりのスープ

ぼんじりのスープ
ぼんじりのスープ

ぼんじりのスープの作り方は、ぼんじりを茹でてから、長時間かけて煮込みます。煮込む時間が長いほど、コラーゲンやアミノ酸が溶け出し、スープがとろりと濃厚な味わいに仕上がります。具材には、野菜や豆腐などが入れられ、栄養バランスが良くなります。調味料は、醤油や塩、みりんなどを使い、独特の風味が加わります。

ぼんじりのスープは、温かいスープとして、寒い季節にぴったりです。また、体調が優れない時や疲れた時にも、栄養価が高く、美味しく食べられるため、おすすめです。

ぼんじりのオーブン焼き

ぼんじり 部位
ぼんじり 部位

ぼんじりのオーブン焼きの作り方は、まずぼんじりを下処理します。茹でて余分な脂肪分を取り除き、スジを取り除いたら、調味料をまぶしてから、オーブンで焼きます。調味料は、醤油や砂糖、みりん、酒などを使い、独特の甘辛い味わいが特徴です。焼く時間は、ぼんじりの大きさによって異なりますが、通常は約30分ほどで焼き上がります。

ぼんじりのオーブン焼きは、手軽に作れるため、家庭料理にもぴったりです。ご飯のおかずやおつまみにもなり、またお弁当に入れて持っていくこともできます。地方によっては、ぼんじりのオーブン焼きを提供する飲食店もあり、旅行などの際には、ぜひ食べてみることをおすすめします。

ぼんじりのねぎ塩炒め

ぼんじりのねぎ塩炒めの作り方は、まずぼんじりを下処理します。茹でて余分な脂肪分を取り除き、スジを取り除いたら、食材と一緒に炒めます。ねぎは、小口切りにして使います。調味料は、塩とこしょうだけでシンプルに味付けし、ねぎと絡めて炒めます。

ぼんじりのねぎ塩炒めは、シンプルな味わいが楽しめ、ご飯のおかずやお酒のつまみにもぴったりです。また、塩分が少なめでヘルシーな料理としてもおすすめです。地方によっては、ぼんじりのねぎ塩炒めを提供する飲食店もあり、旅行などの際には、ぜひ食べてみることをおすすめします。

ぼんじりと大根の甘辛煮

ぼんじりと大根の甘辛煮は、鶏の尾の先端部分と大根を使った、甘辛い味わいが特徴の日本の郷土料理の一つ。煮汁には醤油やみりん、砂糖、酒などが使われ、柔らかなぼんじりと、甘辛い味わいが良く合う大根が特徴。ご飯のおかずやお酒のつまみにぴったり。栄養価が高く、ヘルシーな料理としてもおすすめ。地方によって提供する飲食店もある。

ぼんじりの炒め物

ぼんじりの炒め物
ぼんじりの炒め物

ぼんじりの炒め物の作り方は、まずぼんじりを下処理します。茹でて余分な脂肪分を取り除き、スジを取り除いたら、食材と一緒に炒めます。具材には、キャベツやピーマン、にんじんなどを使うと、野菜との相性が良く、栄養バランスも良くなります。調味料は、醤油やみりん、砂糖、酒などを使い、甘辛く味付けします。

ぼんじりの炒め物は、香ばしくてジューシーな味わいが楽しめ、ご飯のおかずやお酒のつまみにもぴったりです。また、野菜をたっぷり使うことで、栄養価も高く、ヘルシーな料理としてもおすすめです。地方によっては、ぼんじりの炒め物を提供する飲食店もあり、旅行などの際には、ぜひ食べてみることをおすすめします。

ぼんじりのハーブポテト焼き

ぼんじりのハーブポテト焼きの作り方は、まずぼんじりを下処理します。茹でて余分な脂肪分を取り除き、スジを取り除いたら、ポテトと一緒にオリーブオイルとハーブを加え、オーブンで焼きます。ハーブには、ローズマリーやタイム、バジルなどが使われ、香り高い味わいが特徴です。

ぼんじりのハーブポテト焼きは、香ばしくてジューシーな味わいが楽しめ、ご飯のおかずやお酒のつまみにもぴったりです。また、栄養価が高く、ヘルシーな料理としてもおすすめです。地方によっては、ぼんじりのハーブポテト焼きを提供する飲食店もあり、旅行などの際には、ぜひ食べてみることをおすすめします。

ぼんじりの親子丼

ぼんじりの親子丼の作り方は、まずぼんじりを下処理します。茹でて余分な脂肪分を取り除き、スジを取り除いたら、卵と一緒に甘辛いタレに漬け込みます。タレには、醤油やみりん、砂糖、酒などが使われ、独特の甘辛い味わいが特徴です。煮込む時間は、火加減によって異なりますが、卵が火を通り、ぼんじりが柔らかくなるまで煮込みます。

ぼんじりの親子丼は、柔らかなぼんじりと、甘辛いタレに絡んだ卵が特徴的です。ご飯のおかずにはもちろん、ランチや夕食にもぴったりです。また、栄養価が高く、ヘルシーな料理としてもおすすめです。地方によっては、ぼんじりの親子丼を提供する飲食店もあり、旅行などの際には、ぜひ食べてみることをおすすめします。

FAQs – よくあるご質問

焼きたてのカリっとしたぼんじりが好きです。トースターやグリルで焼く時のコツはありますか?

焼きたてのカリっとしたぼんじりとはじりは、美味しさが格別ですね。トースターやグリルで焼く時のコツをいくつかご紹介します。

  • ぼんじりをトースターやグリルで焼く前に、一度凍らせておくと肉の水分が抜けやすくなり、よりカリッと仕上がります。
  • ぼんじりを焼く時は、串に刺した状態で焼くことが多いですが、串同士の間隔をあけて焼くと、熱が均等に行き渡り、焼きムラを防げます。
  • ぼんじりを焼く前に、表面の水分をペーパータオルでしっかりと取り除くことが重要です。水分が多い状態で焼くと、火が通りにくくなります。
  • ぼんじりをトースターやグリルで焼く時は、高温で焼くことがポイントです。高温で一気に焼き上げることで、表面をカリッとさせ、中はジューシーに仕上がります。
  • 焼きムラを防ぐためにも、ぼんじりを焼く時は、裏返すタイミングに注意しましょう。表面がカリッと焼きあがったら、串を回して裏返し、反対側も同様に焼き上げます。

これらのコツを抑えて、美味しいカリカリのぼんじりを焼き上げてみてください。

ぼんじりの保存方法

ぼんじりとはじりは、鶏肉の中でも特に希少な部位であり、保存方法を正しく守らないと早く腐ってしまう可能性があります。ここでは、ぼんじりの保存方法について説明します。

  • ぼんじりを購入したら、なるべく早めに冷蔵庫に入れて保存しましょう。冷蔵庫での保存期間は、購入後3日程度が目安です。保存する前には、ラップや保存袋などに入れて密封することで、鮮度を保ちます。
  • ぼんじりは、冷凍保存にも対応しています。保存期間は、約1か月程度が目安です。保存する前には、ラップや保存袋などに入れて密封し、冷凍庫に入れます。解凍する際には、冷蔵庫での解凍が最適です。急いでいる場合は、電子レンジでの解凍も可能ですが、その場合は火の通り具合に注意が必要です。
  • 焼き上がったぼんじりを保存する場合は、冷蔵庫での保存がおすすめです。しっかりと火を通していることを確認し、なるべく早めに保存しましょう。保存期間は、購入後と同様に、3日程度が目安です。

正しい保存方法を守って、美味しくぼんじりを楽しんでください。

ぼんじりの名前の由来

「ぼんじり」の名前の由来については、諸説ありますが、以下のような説があります。

一つ目の説は、江戸時代に「もんじり」と呼ばれるものがあったことから、「もんじり」が転訛して「ぼんじり」と呼ばれるようになったという説です。この「もんじり」というのは、鶏の尾の先端にある三角形の骨を指し、現在のぼんじりに似た部位だったとされています。

二つ目の説は、鳥のお尻の骨についている三角形の部分が、鉦を叩く音に似ていることから、「鉦(かね)の尻」と呼ばれるようになったという説です。これが転訛して「ぼんじり」と呼ばれるようになったとも言われています。

ただし、明確な由来は不明ですが、鶏のお尻の部位に対して「ぼんじり」という名前が広く用いられていることは確かです。

まとめ

ぼんじりとは? 鶏のお尻の骨周りに付いている希少な部位で、プリっとジューシーな食感が人気です。栄養素としては、タンパク質やビタミンAが豊富で、特にコラーゲンも含まれています。焼き鳥店で人気のメニューとして提供されているほか、自宅でもトースターやグリルで手軽に焼くことができます。保存方法としては、冷蔵庫での保存や冷凍がおすすめです。また、煮込み料理や炒め物などにも使うことができ、様々な料理に取り入れることができます。