「せせり と は」の意味と特徴を知ろう

5/5 - (1 vote)

せせり と は? せせりとは、鶏の首から腰にかけての肉のことで、通常は脂肪が多く含まれています。 焼肉からスローローストまで幅広く使える鶏の部位です。 今回は私が知っているせせりのおすすめレシピを紹介します。

Read more: ぼんじりとは?美味しさや栄養素、食べ方、保存方法まで

せせりとは

せせりとは
せせりとは

せせり」とは、鶏肉の部位の一つで、主に背中の部分にある筋肉を指します。この部位は、通常は胸肉やもも肉などの主要な部位に比べて小さく、脂っこさが少ないのが特徴です。

「せせり」という名称は、その形状が勢子(せこ)に似ていることからきています。勢子とは、笹や竹の皮を編んで作られた巻き寿司のようなもので、その中に具材を詰め込んだものです。鶏肉の「せせり」も、同じように薄くて長い形状をしており、この勢子に似た姿から「せせり」と呼ばれるようになったとされています。

「せせり」は、日本の食文化において古くから親しまれている部位であり、鶏肉を食する機会の多い日本では、様々な料理に使用されます。代表的な料理としては、焼き物や揚げ物、煮込み料理などがあります。また、刺身のように生で食べることもできます。

「せせり」の魅力は、その独特の風味や柔らかさにあります。通常の鶏肉に比べて繊維が細かく、さらに背中の部位に位置しているため、筋肉に緊張がなく、口当たりが柔らかいとされています。また、独特の風味があるため、多くの食通や料理人に愛されています。

近年では、地域によって「せせり」の特徴が異なることが注目され、各地でブランド化が進んでいます。たとえば、岡山県の「加賀山どり」は、しっかりとした歯ごたえと旨みが特徴で、京都府の「丹波黒どり」は、さっぱりとした味わいが特徴です。また、北海道の「どさんこ鶏」は、霜降りが少なく、赤身肉の美味しさが際立つとされています。

せせりには、他の部位のお肉と比較してどのような特徴があるのでしょうか?

せせりは、他の部位のお肉と比較していくつかの特徴があります。まずは、せせりは胸肉に近い部位であるため、柔らかくジューシーな食感が特徴です。また、せせりには脂肪が少なく、プロテインが豊富に含まれているため、低カロリーで栄養価の高いお肉としても知られています。さらに、せせりは独特の風味と旨味があるため、焼いたり煮たりするだけで美味しく食べることができます。そのため、和食や洋食、中華料理など、様々な料理に使われることがあります。

せせりの下ごしらえの方法

  1. せせりをよく洗い、キッチンペーパーで水気を取り除きます。
  2. せせりの膜を取り除きます。膜は厚みのある部分に付着しているので、小さじや爪楊枝を使ってそっと外します。
  3. せせりを水につけて、表面に付いた余分な油を取り除きます。この作業を数分間繰り返します。
  4. せせりを流水で洗い流し、再度キッチンペーパーで水気を取り除きます。
  5. せせりを食べやすい大きさに切ります。
Read more  「浜松餃子冷凍」で忙しい日も手軽に美味しく食事を楽しもう!

これで、せせりの下ごしらえが完了しました。このまま焼いてもよし、炒めてもよし、お好みの料理に調理してお召し上がりください。

せせりを使ったのレシピ

せせりは、独特の食感と旨味がある日本の食材で、さまざまな料理に使うことができます。今回は、のせせりを使ったレシピをご紹介します。

【せせりのガーリック醤油炒め】

【材料】

  • せせり…150g
  • ニンニク…1かけ
  • しょうが…1かけ
  • 長ネギ…1本
  • 青唐辛子…1本
  • サラダ油…適量
  • 醤油…大さじ2
  • 塩…少々

【作り方】

  1. せせりは下ごしらえをして、食べやすい大きさに切ります。
  2. ニンニクとしょうがはみじん切りにし、長ネギは斜め切りにします。
  3. 青唐辛子は輪切りにします。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、ニンニク、しょうがを炒めます。
  5. 香りが立ったら、せせりを加えて炒めます。
  6. せせりに火が通ったら、長ネギ、青唐辛子を加え、さっと炒めます。
  7. 醤油と塩を加え、調味して完成です。

【ポイント】

・せせりは、薄くスライスすると食感が良くなります。

・調味料はお好みで調整してください。

・最後に長ネギと青唐辛子を加えて、サッと炒めるのがポイントです。

【せせりの梅しそソース】

【材料】

  • せせり…150g
  • 梅干し…2個
  • しその葉…10枚程度
  • しょうゆ…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 砂糖…小さじ1/2
  • サラダ油…適量

【作り方】

  1. せせりは下ごしらえをして、食べやすい大きさに切ります。
  2. 梅干しは種を取り除いて、すりおろします。
  3. しその葉は千切りにします。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、せせりを炒めます。
  5. 香りが立ったら、しょうゆ、みりん、砂糖を加えて炒めます。
  6. 火が通ったら、梅干しを加えて炒めます。
  7. しその葉を加えて、さっと炒めて完成です。
Read more  サザエを美味しく食べるための「サザエ 焼き 方」のコツとレシピ

【ポイント】

・梅干しの酸味としその香りが相性抜群です。

・しょうゆ、みりん、砂糖はお好みで調整してください。

・最後にしその葉を加えて、火を通しすぎないようにしましょう。

【せせりの中華風炒め】

【材料】

  • せせり…150g
  • キャベツ…1/4個
  • にんじん…1/2本
  • シイタケ…3枚
  • 長ネギ…1本
  • オイスターソース…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • サラダ油…適量

【作り方】

  1. せせりは下ごしらえをして、食べやすい大きさに切ります。
  2. キャベツはざく切り、にんじんは千切り、シイタケは薄切り、長ネギは斜め切りにします。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、にんじんを炒めます。
  4. にんじんに火が通ったら、キャベツ、シイタケ、せせり、長ネギの順に加えて炒めます。
  5. 全体に火が通ったら、オイスターソース、しょうゆ、酒を加えて、さっと炒めて完成です。

【ポイント】

・野菜は好みのものに変えてもOKです。

・オイスターソースは濃い味なので、少量から加えて味を調整しましょう。

・シイタケの旨みが出るように、薄切りにすると良いです。

【補足】

せせりは、下処理をすることで美味しさが引き立ちます。下処理の際には、羽毛を丁寧に取り除き、臭みを取るために水洗いして、脂肪を落とすために塩もみをします。また、火が通りやすくするために、せせりは斜めに切ると良いです。

せせりは軟骨部分が多いため、食べる際には噛みごたえがあることが特徴です。また、栄養素としては、たんぱく質、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれています。そのため、健康や美容にも効果が期待できます。

【せせりのピリ辛炒め】

【材料】

  • せせり…150g
  • ピーマン…2個
  • にんにく…1かけ
  • しょうが…1かけ
  • 長ネギ…1本
  • 豆板醤…小さじ1
  • オイスターソース…小さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • 砂糖…小さじ1/2
  • サラダ油…適量

【作り方】

  1. せせりは下処理をし、食べやすい大きさに切る。
  2. ピーマンはヘタを取り、種を除いて、せせりと同じ大きさに切る。
  3. にんにく、しょうが、長ネギはみじん切りにする。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを炒める。
  5. にんにく、しょうがに香りが立ったら、豆板醤を加え、さらに炒める。
  6. せせりを加えて、炒める。
  7. ピーマンを加えて、さらに炒める。
  8. オイスターソース、醤油、砂糖を加えて、さらに炒め、火を止める。
  9. 長ネギを加えて、さっと炒める。
  10. 皿に盛り付け、完成です。
Read more  パン 消費 期限の意味と重要性:新鮮なパンを楽しむために知っておきたいポイント

【ポイント】

・豆板醤の辛さは調節してください。

・ピーマン以外に好きな野菜を入れても美味しいです。

・長ネギを加えることで、さっぱりとした味わいになります。

【せせりのサラダ】

【材料】

  • せせり…150g
  • キャベツ…1/4個
  • トマト…1個
  • きゅうり…1/2本
  • レタス…適量
  • オリーブオイル…大さじ2
  • レモン汁…大さじ1
  • 塩…少々
  • 黒コショウ…少々

【作り方】

  1. せせりは下処理をし、食べやすい大きさに切る。
  2. キャベツは千切りにし、トマトときゅうりは適当な大きさに切る。
  3. ボウルにキャベツ、トマト、きゅうり、レタスを入れる。
  4. 別のボウルに、オリーブオイル、レモン汁、塩、黒コショウを入れ、混ぜ合わせる。
  5. 4のボウルに5をかけ、よく混ぜる。
  6. 器に盛り付けて、完成です。

【ポイント】

・野菜は、好きなものを組み合わせてもOKです。

・せせりの下処理をしっかり行うことで、臭みがなくなります。

・ドレッシングは、オリーブオイル、レモン汁、塩、黒コショウだけでも美味しいです。

せせりはダイエット向き?糖質が低くカロリーが高い

せせり
せせり

せせりは、低カロリーでありながら、タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれているため、ダイエットに向いた食材の一つです。特に、せせりには糖質がほとんど含まれておらず、代わりにタンパク質が多く含まれています。タンパク質は、体の細胞や筋肉の修復や再生に必要な栄養素であり、また、腹持ちが良いため、ダイエット中に食べることで、満腹感を得ることができます。

さらに、せせりにはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群には、エネルギー代謝を促進する働きがあり、ダイエット中に必要不可欠な栄養素となっています。また、ビタミンB群には、肌や髪の健康維持にも効果があるとされています。

一方で、せせりは、カロリーが比較的高いため、適量を守って食べることが重要です。せせりを食べる際には、調理法にも注意が必要です。揚げ物や油で炒めるなど、高カロリーな調理法を選ぶと、せせりのダイエット効果は薄れてしまいます。代わりに、蒸す、焼く、煮るなど、低カロリーでヘルシーな調理法を選ぶようにしましょう。

焼き鳥の「せせり串」の気になるカロリー・栄養素は?

焼き鳥の「せせり串」は、鶏肉のせせりを串に刺して、炭火で焼いたものです。せせりは、鶏の首筋にある筋肉で、低カロリーでありながら、タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれています。一方で、せせりにはコレステロールが多く含まれているため、摂取量には注意が必要です。

せせり串のカロリーや栄養素の値は、調理法や味付けによって異なりますが、以下は一般的な栄養価の目安です。

【せせり串(1本あたり)の栄養価】

  • エネルギー:約40 kcal
  • たんぱく質:約5.8 g
  • 脂質:約1.8 g
  • 炭水化物:約0.2 g
  • ナトリウム:約38 mg

1本あたりのカロリーは、40 kcal程度と低めであり、ダイエット中の方にも食べやすい量です。また、1本あたりのたんぱく質が約5.8gと、少ないながらも十分な量が含まれているため、ダイエット中に必要な栄養素を補うことができます。

ただし、せせり串には塩分が含まれているため、食べ過ぎると高血圧や水分代謝の乱れの原因になる可能性があります。また、せせりにはコレステロールが多く含まれているため、食べ過ぎると血中コレステロール値の上昇や動脈硬化のリスクが高まる可能性があります。適度な量を守って食べるようにしましょう。

結論

以上をまとめると、鶏のせせりは日本料理において広く使われ、焼き鳥などの料理には欠かせない素材の一つです。低カロリーであり、タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれ、比較的低いGI値を持つため、ダイエット中の方や健康に気を遣う方には最適な食材です。しかし、食べ過ぎには注意が必要であり、適度な量を守って摂取することが重要です。そのため、バランスの良い食事において、鶏のせせりを使った料理を楽しむことは、栄養バランスを向上させながら、日本料理の美味しい味を楽しむ良い方法の一つと言えます。